社内の共通言語

Published by 島田 慶資 on

社内の共通言語は大事。
言語(日本語)が同じでも、意味が理解できなければ意思の疎通がとれません。
同じ日本人でも言葉が違えば、外国人と話しているのと何ら代わりがありません。
そして、意思の疎通ができなければ、間違った行動がうまれます。生産性悪いですよね。

私の知っている非常に優秀な組織を作っている会社では、徹底して言葉を明確化一般化していました。
そのツールがMG(マネージメントゲーム)をはじめとした徹底した教育。
写真は言葉の定義付けを明確にするために導入しているのでしょう。
興味があったので、わけてもらいました。

法律を除いて言葉に絶対はありませんが、社内用語としての絶対というものはあってもいいでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください