M&Aプラットフォームの基本的な特徴

M&Aプラットフォームは、売り手または買い手が希望を登録するマッチングサイトです。インターネット上のシステムで、仲介者などを通さないため、低価格でM&Aの手続きを行うことができます。

M&Aプラットフォーム利用の際の留意点

情報の取り扱いについて

インターネットは、万人がアクセスできるものです。そのため、登録する情報は選びましょう※。自社が簡単に特定されるような状態であると円滑なM&Aの成立についてリスクが増大してしまいます。一方で、ある程度の情報の開示がなければ売り手・買い手ともに手を挙げにくくなります。
※一部のM&Aプラットフォームによってはクローズドマーケットでマッチングさせているケースもあります

利用するM&Aプラットフォームの選択

M&Aプラットフォームは、それぞれ特徴があるため、どのプラットフォームを利用するかは慎重に選びたいです。後述する手数料も千差万別であります。

M&Aプラットフォームの利用料金

料金体系について

一般的にM&Aプラットフォームを利用したマッチングについては、売り手には手数料が発生しないケースが多いです。一方で、買い手はマッチングが成立した後で、成功報酬が発生する形が多いように見受けられます。

一方で、マッチングについて成功報酬ではなく、30日間のメッセージ送信機能で報酬を支払うプラットフォームもあります。

M&A専門業者や金融機関を仲介するより格安でM&Aが成立する可能性があります。

補足

一方で、M&Aプラットフォーム側からの支援は、あまり期待できないため自己責任で進めなければなりません。
自社で各種支援者(DD業者、弁護士、税理士など)を確保できている場合は、プラットフォームの利用もありかもしれません。

著作者情報

新人コンサルタント@津名久はなこ
新人コンサルタント@津名久はなこ経営コンサルタント・アシスタント
ハンズバリュー株式会社の新人コンサルタントです。
新卒からコンサルタントして修行中!
「心をつなぐ仕事」の信条に則り活動しています。
よろしくおねがいします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください