温泉旅館やホテルなどの宿泊施設のホームページ制作で集客。売上3倍の実績│ハンズバリュー公式HP

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

商品ルックスと顧客

2011年08月 19  金曜日

昨日、庄内でとびきり美味しい日本酒等を酒造しているオードヴィー庄内さんを訪問しました。
とても美しい商品を見つけたのでパシャリ。
メロンのリキュールです。とてもスタイリッシュで美しいでしょう?



シュッと細長いスタイリッシュな瓶
青色の瓶にラベルと王冠が映える

瓶底はやや厚め、瓶口に向かってのコントラストがきれい

メロンリキュールは、軽い口当たりで甘いお酒なのでターゲットはざっくり女性。
女性に手にとってもらえるよう、商品ルックスを検討した結果このような瓶に行き着いたのでしょう。

誰に商品を提案したいか?その誰を想像して商品ルックスを考えることは大事でしょうね。
当然、比例費(変動費)増加により粗利圧迫(商品価格に転嫁しない)するでしょう。
でも、商品ルックスが悪く手にとってもらえなければ、売れません。それは無意味ですよね。

お客様が価値を感じるところには、カネをかける。
ケチをすると大きなしっぺ返しをうけます。注意したいですね。


カテゴリー:抽象思考
Tags: , , , , , , , , ,

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    画面上部へ戻る